自生思考対策のため、養心安神の作用がある蓮の実の甘露煮を食べてみた。

やはり精神に作用する系のものは幻聴に触れてしまう・・・

自生思考対策のため、養心安神という精神に良い作用をする薬膳を探して蓮の実にたどり着きました。食べてみた感じは栗の甘露煮のような食感と味。50gで500円ほどでしたのでお財布にも優しく、お試しする分にはうってつけでした。

食べた後は、身体の感覚が結構戻ってきていました。しかし身体の感覚が戻ってくるということは幻聴も出てくるというわけで、案の定うっっすらとだけ幻聴が少し再来。海塩入の蒸留水を飲んでいましたが、念のため追加で海塩入りの水を飲んで様子見。2時間から3時間ほど経って幻聴は鳴りを潜めていきましたが、これって一時的なものであって、その後その後に蓄積されたのがでてくるんじゃないかなぁと若干の心配は残ります。

ですがこれ、時間が経てば幻聴が治まるというのであれば、寝る前に蓮の実を食べておいて、寝て、朝になったら幻聴が治まっているようにしておけば意外といけるのでは?と思いましたので、寝る前に1粒食べて様子見しようと思います。養心安神の作用については現在、小麦の煎じと生卵を2個酢醤油で飲んでいます。良くなるかなあ・・・

付記:自生思考が若干強くなっていますが、アルギニンの可能性が大

で、どうして養心安神路線でいっているかというと、男性ホルモンを優勢にしようと思ってアルギニンとシトルリンのサプリを飲んでいるのですが、たぶん、男性ホルモンが分泌されるようになって攻撃心が増え、それで自生思考が強めに出てるんじゃないかな~疑惑があります。

確かに元気にはなるんです。なるんですが、う~ん。といったところ。一錠を半分に割ってみたら良かったですが、蓮の実を追加したらしたでまた出てくるような出てこないような微妙な塩梅です。なので、ひとまずはアルギニン半分のままで、蓮の実と卵は寝る前、で2日か3日ほど様子見をしたいと思っている次第です。アルギニン止めてもいいかもしれませんね・・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 2 =

PAGE TOP