(過去記事移転シリーズ) 難消化性デキストリンを2ヶ月続けてみたけれど… 2017.2.5

※ここから感想※

MEC食を試してみていた時に注文して飲んでいたものですね。MEC食はお肉と卵を主体としていくらでも食べていいダイエット法でしたが、確か「世界最新の太らないカラダ」では、この方法が一時期流行していたようです。確かに、痩せる。でも長い目で見ていたら体重が元に戻ったり逆に増えてしまっていたんだそうな。やはり、一定度の糖分は必要なのでしょう。とはいっても、人工的に作られた糖分はヤバイとのことです。

今は、難消化性デキストリンは止めて、イヌリン・サイリウムハスク・ポテトスターチをビニール袋に入れて振って混ぜたものを食後と寝る前にだけ飲んでいますが、それでも食欲が治まっていなかったのはきっと、コーラを飲んでいたせいなのではなかろーかと疑っています。あとは、ボーンブロスを飲んでいなかったこともきっかけとしてはあるんじゃないかとも思います。

※ここまで感想、以下当時の記事※

難消化性デキストリンを2ヶ月続けてみたけれど…

毎食ごとに、20g近くドバーッとシェイカーに難消化性デキストリンを入れてシェイクして飲んでいましたが、効果のほどは…あんまり変わらないかなぁという感じでした。4kg購入してもうすぐ使い切るところですが、MEC食も途中でご飯を食べないといけないシチュエーションや誘惑があったりなどして途切れ途切れで、非常に申し訳ないことに体重はとある方のレビューのように短期間でスルスル落ちていくということはありませんでした。

ただ、食欲に関しては別の記事にあるようにエビオス中止と薬の飲み方を変えてかなり落とせているので、今後の体重はまた減量できていくだろうという見通しで、また近々報告したいと思います。糖質制限されている方で、一日20gや60gに制限していたりしているのであればより強力な効果があるやもしれません。

善玉菌の食料にもなり、お通じの改善に役立ってくれるため、また2kgを注文して飲み続けてみようと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + 15 =

PAGE TOP