養命酒を始めてみようと思います

養命酒の画像ではありませんが、お酒ということでフリー素材から引っ張ってきました。
ちなみに養命酒のアルコール度数は、14度。ワイン並です。

加味帰脾湯の分量違いで、吐き気と胃もたれ状態が続いていましたが、寝る前にだけ1/4飲むことによって、症状は治まりました。加えて、一日の睡眠時間は再度12時間ぐらいから8時間ほどへと短縮できました。といっても、まだ一日目なのでもっと経過を見ないとなんとも言えないですが、疲労感は漢方開始前より減ったような気がしています。

これでひとまず、漢方からの自生思考へのアプローチは落ち着いたかと思います。この状態があとは、長く続いてくれれば有り難いのですが、一応加味帰脾湯とは別に用意しておいているものがあります。それが、、、養命酒。

でもアルコールが精神安定剤の邪魔をするのでは?

それが気になっておりました。ので、養命酒さんにお問い合わせしてみました。「アルコールを飛ばすために、レンジでチンしたり沸騰させてはいけないのでしょうか?」すると4時間後に早くも返信がきまして、「煮沸するとアルコールと一緒に生薬の成分が変異してしまうと考えておりますので、望ましくはないです。アルコールは20mlであれば30分ほどで代謝されますので、時間を空けて飲めば精神安定剤の効果に影響はしないでしょう」とのことでした。

実は既に購入していたので、もし30分空けてもダメだったらどうしようかと思っていましたが、この感じですと夕飯どきの18時頃に20mlクイッとする分には問題なさそうです。

この養命酒、飲んでみた方のレビューによると、疲れにくくなったとか、寝付きがよくなった、目覚めがよくなったという評価が散見されましたので、早寝早起きに一つ役立つのではないかと見ています。明日、明後日には到着するので、飲み続けて一週間ぐらいしたら私もレビューしてみたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + seventeen =

PAGE TOP